クレアチニンの値を下げましょう~サプリでサクッと健康~

笑顔の男性

腎臓を評価する指標

健康食品

血中濃度で腎臓を知る

クレアチニンとは一般的にはあまり知られていない言葉ですが、腎機能を測るうえで重要な指標となる成分です。クレアチニンは血液中に含まれる老廃物の一種です。通常は筋肉で作られ腎臓でろ過されたのち、尿となって排出されますが、腎機能が衰えていると十分にろ過されず、血中濃度が高くなります。クレアチニンの正常値は約1.0(ml/dl)です。この範囲を外れ、クレアチニン濃度の異常が数値に表れるのは、すでにある程度腎機能が低下しているということです。腎臓の異常は自覚症状が出るまでに時間がかかります。自覚症状がないからといって放置していては重度の腎臓病に進行してしまう可能性があります。健康診断などでクレアチニンの異常が出たら、腎臓に対する何らかの対策が必要です。

機能を維持していく対策を

腎機能は一度低下すると回復することができません。今の腎機能を維持し、それ以上低下しないような対策を取ります。重度の腎不全になると命に関わることもありますので、早期にケアすることが大切です。腎臓に負担をかけないためには、日常的に食生活や生活習慣に気を配ることが重要です。たんぱく質や塩分の多い食事は腎臓に負担をかけます。低たんぱく高カロリーの減塩食が腎臓に負担の少ない食事とされています。また肥満や糖尿病なども腎臓に負担をかけます。適度な運動や、腎不全の原因となっている病気の治療も必要です。また補助的にサプリメントを服用することも効果的です。またむくみや倦怠感などの自覚症状で腎臓に不安がある場合は、医療機関で血液検査を行いクレアチニン濃度を知ることで、腎機能の状態を把握することもできます。